クソ映画祭

来たる日に開催されるクソ映画祭の映画選定用の作品紹介

翔んで埼玉

f:id:archibold_net:20190228181352j:image

おそらくは誰かに聞かれるだろう、という自意識の高さから、さっと見てきたのがこちら「翔んで埼玉」です。

主演はGACKT二階堂ふみ。周りのキャストも豪華ながらB級お祭り系のギャグテイスト溢れる作品でした。GACKTと言えば「BUNRAKU」と言ってしまうくらい、昔の記憶しかありませんでしたが、果たされた役割をしっかりと演じて過不足ありません。他の方々もしかり。

その中で唯一、この人は…いいぞ、素人が全力でやってるぞ、と思ったのは益若つばささんです。

演技経験のない、初々しさがあり、もっと出番が欲しかったですね。なんと言っても2シーン後、一切出てきませんから。

 

内容という点では良識の外ですが、あくまでも良識の外を描く、という点においては編集の雑さや、雑な移動シーンや、雑な合戦風景など、それを描く事を目的に作られているためか、驚きを持つ事がないというのがクソ映画ではないという点です。

正直なところ現代パートの問答が、きれいに作品自体のバランスをとっていて、2分割の構造が破綻を最小限に抑えていた、というのが印象です。

 

とはいえ、テンポもよく、キャラとともに俳優さん自身の要素も加味できているので、退屈せず楽しめる作品です。

3段落ち的な、はなわさんの名曲、埼玉県がエンドロールを見事に締めてくれているのもポイントが高い。

 

ただし、ここはクソ映画祭。そんな安寧を必要としてはおりません。間違った情熱の塊を、と思ってしまいました。

 

いやぁ、クソ映画祭って素晴らしいですね。

僕の彼女は魔法使い

f:id:archibold_net:20190223080214j:plain

さて、このブログではもうお馴染み、K福のK学、いわゆるハッピー科学の最新作を初日に観てきました。

先に結果だけを伝えますと、あれだけ豊かなクソ映画の土壌が、ここまで乾いた無毛の大地に変わるなんて…という絶望を味わってきました。超展開というものが少なくて、とてもがっかりな上、一部のCGと辻褄が合わない部分を除き、驚きもありませんでした、本当に悲しい。これではただの宗教っぽい映画ではないか、と思うほど。

これを見るなら「天使にアイム・ファイン」を観た方がクソ映画としてはいいと思いますし、あちらの方がツッコミがいがありましたね。

 

本作は当時女優として第一線に到達間近だった清水富美子さんが、出家し、幸福のK学作品に出演を重ね、まさに満を持して主演を演じた作品です。

内容は白の魔法使いである天真爛漫(まるで子供演技を強制)な女子高生の千眼さん(ex.清水富美子)が、運命の赤い糸で結ばれた男性を見つけるものの、黒の魔法使いに狙われ、危険が及ぶから、という理由で作中の感覚だと出会って1週間ほどで仲良くなった?その男性の記憶を消したけれども5年後に再開を果たし…。みたいなお話。

正直整理していると、ん?全部のシーンのテンションに整合性が全くないぞ?という事に気付いてしまうようなとても謎に満ち溢れたお話、ならよかったんですが、そこも中途半端で、単純になんとも言い難い寄せ集めの話に思えて、記憶からすでに消えかけています。

 

本作でいいところを言えば、やはりCGのチープさでしょう。

一体いつの特撮かと思うほどに黒の魔法使いの赤い光線が哀愁を感じるほどで、記憶をなくす魔法の表現として全身が青くなるんですが、そういったものの質感の雑さは趣きがあります。

また、千眼さんの死んだ祖父役が出てくるんですが既に霊体なので触れない、という演出があります。しかもご丁寧に「私が生まれる前に死んじゃった」というセリフ付きで。ただし、過去の回想で母親から「娘をお願い!」と突き飛ばされた子供の千眼さんをキャッチしていて、そこはよかったですね。どうあっても触れない設定はどこにいったんだ、というね。

そのシーンでは黒の魔法使いが母親を殺すんですが、赤い光線が当たったら黒い石の破片?木炭?に変わってどさどさっと落ちるところも謎過ぎる唐突さでポイント高かったです。

 

上記の2分のために耐えられるならこの映画を見れると思いますが、基本的に話の間が飛ばされていて、明らかに脚本上はもっと内容があったと感じます。ただし基本BGMがない、清水富美子さんの笑顔で全部乗り切れ、という良心があると信じたい編集の方が切っていったのだと考えると、こんな作品になりそうです。

 

清水富美子の写真があれば白米でも3杯は食べれます!

みたいな人以外にはあまり響かないであろうこの作品を初日に見てしまった私。おそらくは熱心な方達であろう劇場内の人々もそれほどいい反応をしていなかったのも気掛かりです。

 

いやぁ、クソ映画界の将来が危ぶまれますね。

番外編 クソ映画探し

閑話休題

 

昨今のクソ映画界が不作過ぎて現在、クソ映画を超募集しています。

「ゆっくりクソ映画レビュー」の映画を追うのもアリなのですが、二番煎じではないものを追おうと考えると、K福のK学不作の今、何を手立てに探すか悩んでいます。

 

ここは流行りの VODだ!と勇んでhulu、netflixTSUTAYA プレミアムと手を出して探したのですが新たな畑と言えるほどの手応えはなく、現在TOHOシネマズのためにビデオパスにも加入中ですが、海外ドラマやいわゆるタイアップの一時的なシリーズものばかり。

安いクソみたいな作品でラインナップ本数を増やすぜ!という配信側の狡猾さをあえて全力で浴びに行ったのですが、地雷はあっても爆発せず。至って全体的にまともで、huluは本当にまともでした…。

Netflixは意識が高くオリジナルコンテンツでは自己的監督ピラミッド2段目にいるスザンネ・ビアまで登場。普通にそれはそれとして見たい流れに。

最も要求を満たしたのがTSUTAYAプレミアム。低予算のお色気邦画や、低予算の海外ビデオスルーなどが配信されています。ただし、少し前だったり、権利的に安く買ってそのままにしていないのか、入れ替えが頻繁に行われ、半永久的にクソ映画を楽しめない点が今ひとつ。

 

ナイジェリアとインドの低予算が気になるのですが、国内で鑑賞する方法はあるのか。

 

とにかく情報提供をお願いします。

それくらいクソ映画を欲しています。

 

 

 

 

仮面ライダー1号

f:id:archibold_net:20181204125556j:image

 

今回ご紹介するのは2016年に公開され、藤岡弘、が過ぎると皆が口々に叫んだと思われる「仮面ライダー1号」です。

この作品は初代仮面ライダーが、平成の仮面ライダー2人を引き連れ、ショッカーやその他の悪人を倒していく、シリーズ45周年の記念映画になります。

そのためなのかは一切わかりませんが、全て藤岡弘、を中心とした藤岡弘、のための藤岡弘、企画・製作・主演の映画です。

どのくらいの藤岡弘、純度なのかは是非お確かめください、と言いたくなるほどに作品を占めていて、藤岡弘、の授業に薪割りにデートも楽しめ、〆は訓示という徹底ぶり。

もはや近年、出てくるだけで異様な雰囲気を醸し出す俳優は少なくなっており畏敬の念を禁じ得ない濃度溢れる作品となっています。

一方でアシュラ男爵役には大杉漣さんが出演され、この2年後にお亡くなりになるとは思えないほど、対照的に真っ当な悪役を演じられています。

 

最後のバイクで走るシーンは笑みがこぼれること間違いなし。

おそらく子供達を置き去りにした本作こそ我々のためにあるのではないでしょうか。

 

いやぁ、クソ映画って素晴らしいですね。

子連れ狼 冥府魔道

f:id:archibold_net:20181204123724j:image

 

今回は大傑作「子連れ狼 地獄へ行くぞ大五郎」の前作にあたる「子連れ狼 冥府魔道」を紹介します。

 

最近、クソ映画界の畑が不作。原題が「WYBERN」で、ワイバーンが襲ってくる「ジュラシック・プレデター」のようなDVDスルーの吹替教材用の洋画もグッとくるものはなく、かと言ってK福のK学もただの布教と化し、仕方ないとばかりに棚から取り出したのが「子連れ狼 冥府魔道」です。

 

クソ映画祭ではベストと名高い「地獄へ行くぞ大五郎」はシリーズ6作目で、こちらは5作目にあたります。

 

いつも通り子連れ狼こと拝一刀と、その一子大五郎が超シリアスな顔をして、道中遭遇する刺客をばったばった斬っていく時代劇です。

6作目では改造乳母車のマシンガンさばきなどが見どころのひとつでしたが、今回は割とアクションの多い時代劇くらいだと…最初は感じていましたが、そこは子連れ狼。さすがとしか言えない水中での仕掛けに、雪山との対比とばかりの砂漠での大人数を相手にした殺陣は笑みがこぼれるばかりの出来。おいおい、とつっこまずにはいられない最高の展開が多々まっています。

 

やはり半端を許さないこの姿勢こそが、時折あらわれる超展開を趣き溢れる作品にしているのだな、とつくづく感じます。

 

シリーズを考えるとまだまだ楽しみが続く子連れ狼。懐かしさから、この後に「さくや妖怪伝」という怪作が90年代終わりにあったのだな、と思い出したりもします。

 

いやぁ、クソ映画って素晴らしいですね。

 

 

シックス・ストリング・サムライ

f:id:archibold_net:20181130173728j:image

 

今回は、何かいいのない?と聞いたところ友達からこれはどうだ、と借りていたのを、 今更引きづりだして見ました「シックス・ストリング・サムライ」です。先に言っておきますが、クソ映画の見た目をした頑張った作品です。

「マッドマックス」のような核が世界を滅ぼした的退廃した世界で、ロスト・ベガスと呼ばれる唯一の都市を統治していたキング"エルビス"が死に、新たな王を決めるためのギグに参加するため、世界各地からギターを鞘に刀を持ったロックンローラーが集まる、というお話。

要約しますと、北斗神拳の代わりがギターと刀、主人公はメガネにスーツ。自主映画であり、要素はてんこもり、登場人物は全員サイコ。

いわゆる"名乗り"の代わりにギターソロを決め、ネックにくくり付けた日本刀を抜いて戦う姿はなかなかに良いものがあります。

 

悪役のデスの砂漠超えなど、冷静に見ると結構異様なものがあるのですが、全編いたって真面目で設定と様相を除けば、真っ当な作品であると同時に、アクションは低予算ながら見れるだけの楽しさを感じました。

BGMもギターを中心としたもので、素人さはありますが、主張し過ぎずとても塩梅を心得たものでした。

 

正直クソ映画としての情熱はあるのですが、ひそかな人気があるのも頷ける自主映画の良さが光る作品です。ただ、一場面の画像だけを見たら「これは…!!」となってしまう絵面の強さはあります。

例えるならば「バス男」もとい「ナポレオン・ダイナマイト」のような作品です。

 

見た目だけで騙されてはいけないな、身の引き締まる映画でした。

 

いやぁ、映画って本当にいいものですね。

シャークネード ラスト・チェーンソー

f:id:archibold_net:20181109164816j:image

 

遂に終わりがきてしまいました。

嵐で鮫が降ってくる、という発見で一躍アルバトロスとアサイラムのスマッシュヒットとなったシャークネードシリーズも本作で完結となりました。

お疲れ様でした。


クソ映画として彗星の如く現れ、エクストリームミッションの冒頭は名画と言っても過言ではないほど、アクションコメディの全てが詰まっていました。


その後はSFに傾倒し、あまり代わり映えせず勢いは衰え、サメへの愛が失われていきますが今回、最後は劇場で見届けようと、見てきました。

 

最初に言っておきますが清々しいほどシリーズ初見者は放置。説明などありません。ただ自分も全シリーズ見てますがよくわからない事だらけです。

本作で最もグッときた趣きに溢れるシーンはシャークネードに巻き込まれたフィンと、サイボーグ化して頭だけになりサメにくわえられた状態のエイプリルとの、キスシーンです。もちろんその後爆発。

 

意味がわからないと思いますが、見れば割と普通に受け入れられます。

正直、やり過ぎでクソ度の情緒がなくなってしまった残念さはありますが、ここまでやり切ったその姿勢は感服です。

 

ありがとうシャークネード。

またいつか会おうシェパード一家。

懐かしの初期メンツも集まった大団円は完全な唐突さでよかった。

高速のエンドロールも。

 

いやぁ、クソ映画って素晴らしいですね。