クソ映画祭

来たる日に開催されるクソ映画祭の映画選定用の作品紹介

黒執事

f:id:archibold_net:20160325192027j:image
剛力彩芽水嶋ヒロによる実写化作品。
この2名の演技力が酷い、という事はなく上手とも言い難いですがキャラに合致する形で演じられ少しクドさはあるものの問題はなく、鑑賞時に圧倒的なインパクトを残したのは優香でした。

一言で言えば、優香の顔芸最高ー!な本作。
あまり言ってしまうとネタバレになってしまうのですが、冒頭依頼人として登場しバラ風呂まで披露し口調もわざとらしく、叔母様をステレオタイプに作り込まれた優香が、後半豹変します。全力で表情筋を使い感情を表すのですが、ここがなかなかに凄い。高圧的なものから悲観的なものまで、乱気流のように演じるサイコパスっぷりがクソ映画の観点で素晴らしい。
伊武雅刀による何時ものもまぁまぁ楽しめます。「セーラー服と機関銃 卒業」のように出てきただけで少し予想できてしまうのが残念ではありますが。
加えて、栗原類の演技の酷さは正直全く覚えていないレベルでの棒読みだったとおもわれますので笑いをとれる酷さを超えていたのではないかと。

色のついたイメージ映像による世界観は、B級映画と言っていいレベルですし、アクションも手放しで褒めるほどでないところも良いと思います。悪役の面々も使い古された邦ドラマの焼き増しです。

監督は「NANA」の大谷健太郎と、アニメ監督のさとうけいいちNANAと聞いて嫌な予感がしたあなた、だいたい正解です。

いやぁ、クソ映画って素晴らしいですね。