クソ映画祭

来たる日に開催されるクソ映画祭の映画選定用の作品紹介

[番外篇]センチュリー21 CM

クソ映画祭開催にあたって、自分の好みなクソ演出とは何かを考えてみました。
これはいいクソだ、なんて最高のクソなんだ、と最近感動したのはこちら。


結局ケインコスギというハイパーウェポンをゾンビやサメ、ワニ、チアリーダーサイコパス、ヴァンパイア、狼人間、ニンジャ、改造人間、などの理論外の存在と同じように扱っていて、未知の存在が予想外の行動や言動をして、驚きとともにそんなのアリか!?というのが趣きなのかなと思いました。

というわけで、そんな要素にまみれ三池崇史が監督した「テラフォーマーズ」は今年かなり期待できる作品です。園子温版「リアル鬼ごっこ」でも活躍の篠田さんもご登場いただいてますし、謎の人物として、そもそも筋力以外は全て謎のケインコスギで間違いはないと確信があります。

いやぁ、クソ映画って素晴らしいですね。