読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソ映画祭

来たる日に開催されるクソ映画祭の映画選定用の作品紹介

進撃の巨人 ATTACK OF TITAN

f:id:archibold_net:20160325214936j:image
2015年劇場公開作を代表するクソ映画がこちら。
ポスターの「戦わなければ、勝てない」はい、当たり前ですね。
あまりの酷さに劇場にて女性2人が上映後「…誘っちゃってゴメンね…」と言っていたのを聞き逃しませんでした(その前に座っていた男性2人は面白い!と言っていました)。

何が酷いと言われると、その存在が地に落ちてしまった映画評論家町山智浩による脚本、監督の物語としての繋ぎの雑さなど多岐に渡りますが、その中で推したいのは進撃の巨人に全く関心がなく単にホラー映画好きが脚本の仕事をもらってしまい、やったホラー映画が作れるぞ、オマージュを盛り込むんだという勘違いが生んだ惨劇という事です。原作を無視するのは寧ろ素晴らしいですが、中途半端に手をつけてはいけません。

その為か巨人の恐ろしさや対抗する人間のドラマよりも、どうやって人を殺すかに焦点が当たり、演出の多くがB級ホラー的で謎の色仕掛けシーンまで盛り込まれています。

オリジナル要素となる、ナルシストキャラ、シキシマを演じる長谷川博己さんのキザさと大袈裟さも趣きに満ちていて、とても良いですが全体に溢れる、整合性皆無の台詞の数々にはツッコミが止まらない事でしょう。

後編は内容のほとんどが巨人による戦いのシーンとなり、つっこめる要素が減り、只のつまらない大味な映画になってしまうので余程続きが気にならない限り前編で十分楽しめると思います。

シャイニングオマージュのシーンがあって…と言ってこじつけ過ぎだと批難されたのがこちら
f:id:archibold_net:20160326230748j:image
どうでしょう?ちなみにそれについて主演の三浦春馬がジャパンプレミアでこう答えています。
「ここでカミングアウトしたいと思います。監督に撮影前に「このDVD3本を観て、役作りに生かしてほしい」と言われて渡されたものがあって、それが「時計仕掛けのオレンジ」と「シャイニング」、そして「クロニクル」という映画だったんです。何回観ても「進撃の巨人」の世界観とマッチせず、理解できずに苦しかったです...。すみません、それをずっと黙っていました。ここで言います。素直になれなくてすみませんでした。」
いやいや、いい線いってると思いますよ。ただ、もっとやりきってクソ映画としての本懐を遂げて欲しかったとも言いたいところですが。

いやぁ、クソ映画って素晴らしいですね。