クソ映画祭

来たる日に開催されるクソ映画祭の映画選定用の作品紹介

貞子3D

f:id:archibold_net:20160412091859j:image
ここのところ素晴らしいB級映画を紹介してしまい、苦行の中の喜びを連続して提供してしまった事に若干の負い目を感じ、おいおいこれはヤバイぞという作品を挙げようと思い立ちました。
それがこちら「貞子3D」です。
ジャパニーズホラーの金字塔である「リング」シリーズの本作。公開初週、これはヒドイぞ、みんな見てみなよ、という口コミが評判を呼び2週目も動員が落ちなかったという話はあまりにも有名です。

こちらは今年の話題作「シン・ゴジラ」にも謎のカタカナ名でご登場の石原さとみ主演で、とあるサイトにアクセスすると死ぬ、というシンプルなホラー映画の手口、にしておけばよかったのに変な装飾をつけ過ぎて恐怖が唖然呆然に。結構前に鑑賞したので確認の為に調べたところ、貞子の恐怖解除用ありがとうございました、というレビューも見かけました。コメディ・パロディ的な作品なのです。
しかしコレ、狙って作られたモノで「ハンサム★スーツ」「高校デビュー」「行け!男子高校演劇部」に続き英勉氏が監督を務めた為、要素として笑える部分もお約束の部分も見る事が出来ます。

貞子が増殖し変化し、それと鉄パイプ片手に戦う凛々しい石原さとみ、それがこの映画の醍醐味です。
おや、と思った方、そうですパニックムービー、モンスタームービーと同じロジックが使われています。怖い作品「残穢」もそうでしたが、お化け幽霊が出てくると安心できる優しい設計はホラー映画が苦手な方にうってつけです。

ちょっと面白そうだな、と思われた方に注意喚起したいのは見所だけを集めると10分程度で、だいぶ時間を持て余してしまうことになります。是非お時間のある時に余裕を持ってご覧いただければと思います。

いやぁ、クソ映画って素晴らしいですね。